こんにちは

たけくらめいなです

今日もご訪問ありがとうございます

 

 

お盆休みが終わりました~

最終日は銀座へ

といっても朝8時台なのでソーシャルディスタンスとりまくり

というか、人がいなかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座7丁目の豊岩稲荷神社さんへ

半年ぶりかな?

入り口はここ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路地裏の異空間はいつも不思議な気持ちになります

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお稲荷さんは縁結びや芸能の神様として有名ですが

お稲荷さんといえば商売繁盛や金運が専門です

 

 

やたらとあちこちのお稲荷さんにお参りしたりして

願掛けしない方がいいと聞いたことはありますか?

お稲荷さんは怖い、祟るなどと言う人もいます

 

 

この場合の「お稲荷さん」は神様でなく

神様の使いである眷属のお稲荷さんが

お祀りされているお社を言っているのだと思います

 

 

お稲荷さんは自然霊や仏さまの眷属もいますが

一般的には宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の眷属です

ものすごい数がいて、神様の使いとして

街なかの小さなお社などにも派遣されて入っています

 

 

神様の使いとして人々の願いを叶えようとお仕事されているお稲荷さんは

他の眷属とは違う特徴があります

それは、寂しい状態になるとヤサグレる傾向があること

 

 

人々が大事にして熱心にお参りしていた時はいいのですが

忘れられ、参拝者が減り、さびれてしまうと

霊格が下がっていき、力がなくなっていくことが原因とされています

 

 

お社にいる御祭神が神様でしたら、そんなことは起こりえないのですが

眷属のお稲荷さんが入っていることで起きる理由なんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

かつては人間に慕われ、一生懸命願掛けを叶えようとお仕事されていたのに

時代と共に忘れられ、力を失っていくお稲荷さん

人間に原因があるのだと思うと

絶えず生まれては死ぬスピードが速い人間世界の業というか・・・

目には見えない神様世界と共存していることを忘れてはならないなぁと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に小さなお社のお稲荷さんへ一度きりの参拝になりそうな場合は

ご挨拶だけにしておきます

 

 

有名な大きいお稲荷さんの場合は一度だけの参拝になりそうでも

御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)という

神様がお祀りされているので願掛けしても問題ないはずです

商売繁盛と金運が専門としていらっしゃって頼もしいです

 

 

私は現在コンスタントにお参りしているお稲荷さんは

神社ではこちらの豊岩稲荷神社と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏閣では豊川稲荷東京別院の2か所です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総本山は京都の伏見稲荷大社

まだお参りしたことがないので行ってみたいなぁ

京都は他にも行きたい神社があって次の参拝旅行候補地です

叶いますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた♡

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております