こんにちは

たけくらめいなです

いつもご訪問いただいて、ありがとうございます♪

はじめましての方、よろしくお願いいたします♪

 

 

<下北沢での対面鑑定について>

 

予約カレンダーから日時を選択し、お申し込みくださいませ

24時間以内に日時の確認と必要事項をお伺いするメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

<オンライン鑑定について>

 

zoomでのオンライン鑑定を実施しております

オンラインショップからお申し込みいただいた後、

メールにて鑑定日のご希望を伺うメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

今日は決められない人へ向けたお話です

 

 

どちらに進もうか、どちらを選ぼうか決められないお悩みで

ご相談いただくことは多いです

どちらを選んでもメリットデメリットがあるから悩んでるわけですよね

もしくは、どちらかしか手に入らないから迷ってる

 

 

そういう場合

統計学の視点から見て、今後の運勢の波がどうなるかを読んだり

その人の持って生まれた才能や得意分野を考慮すると

こっちを選んだらこういう流れ、

もう一方を選んだらこういう流れ、ということをお伝えします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑定の結果を未来を描くヒントにしてもらうのは

わたしとしても大変光栄に思っていますし

丁寧に、慎重に、誠意をもって鑑定します

そして最終的にどちらを選ぶか決めるのはご自身です

 

 

このように鑑定結果はしっかりお伝えするという前提の上で

私は、ある考え方を持っています

それはね・・・

 

 

どちらを選んでも正解

という考え方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな種類の悩みがあるし

運勢の波が味方しない時期もあるので

全ての人に当てはまるわけではないという注釈は付きますが

 

 

占いに行くぐらい迷う案件ということは

究極言うと、どちらを選んでも正解といえば正解なんですよ

どちらも魅力的だから選べない

どちらも捨てがたいから選べないわけだからね

 

 

ただ、「どちらを選んでも正解」には条件があります

答えを出す時に心に決めないといけないことがあるんです

 

 

どちらを選ぶかご自身の中で決定した瞬間から

選んだ道を「正解だった」にすることだけを考えるべきです

 

 

正解にするのは自分

不正解だったと後悔するのも自分

だったら、正解にするだけなんですよ

 

 

 

最終的に選ばなかった選択肢にも、悩むほどのメリットがあったわけだから

選ばなかった後悔はゼロではないと思う

 

 

けれど、「あの時、もう一方を選んでいたら・・・」ではなく

どれだけ「こちらを選んでよかった」と思えるかどうかは

決断後の自分自身にかかっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたに必要なのは自分の答えを正解にする力

 

 

言い換えれば、あなたには無限の可能性があるってことです

↑超ポジティブ

 

 

 

就職や結婚や出産がゴールでないのと同じことかな、と思います

こういう人生の重大な節目をゴールだと勘違いすると痛い目遭うでしょ?

 

 

決断したということはスタート地点

決めました、選びました、で物語は終わらず

むしろ第二章に入るスタートということ

物語の展開をどうしていくのかはあなたの自由なのです

 

 

それを忘れなければどんな選択も乗り越えられるはず

と思っている占い師なのでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、占い師とは縁あって出会うものです

目に見えない縁があるから

わたしは一度でも鑑定したお客さんは心から応援してます

具体的には目の前のお客さんがふわって浮くイメージでお話してますよ~

 

 

人に応援されるって力になる

スポーツでホームゲームは勝率いいのと同じです

乗り越えるには応援も力のひとつです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました

また次回です♡

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております