こんにちは

竹倉明七です

3ヶ月記念で登場してしまいました

雰囲気壊さないように後ろ姿だけど

そうなんです、ブログを始めて3ヶ月が経ちました

最初は書きたいことがあっても表現がうまくできず悩んだりしましたし、時間もかかっていましたが

最近は書くことが楽しくなってきました

といっても相変わらずのつたない文章力で好きなことを好き放題書いて

読んでくださる方に、なんだか申し訳ない気持ちなんですが

書くことが私にいい効果をもたらしてくれていると思っています

どういうことかというと、自分がなんで占いという仕事をしているのか

文章にすることで私自身も意識するべきことが明確になり

占いをやっていく上での理念のようなものをブレずに持っていられるのかな、と思うのです

↑偉そうに言ってるけど、単に誰もがお仕事に対して持っているものですね

一瞬、自分のことなんだからいちいち文章にしなくてもわかっているのが当然と思えますが

人間なぜか自分のことになると、ちょっとよく見えなかったりします

内観などと言いますが、「自分を知る」ことを意識するのとしないのでは

考え方や行動や発言にも影響があるんですね

そして人間、日々考えは変化していきます

成長するし、停滞するし、下降したくないけどそんな時もあるかも

そんな自分の状態も文章を書いていると明確にわかる感じです

さて、自分のことは意外とわからない、というお話をもうひとつ

占いにいらしてくださった方に

ご自身の「持って生まれた資質」のことをお話するとそれが顕著に出ます

例えばものすごく責任感があって真面目な性格ですね、とお話すると

「そうかな?そうかも?」という感じです

確かに周りからよくそう言われるかな?と考えているお顔です

そう、生まれた時から元々備わっている能力は、ご本人にとってはあるのが当然なので

それが特別なことでも優れた一面という意識もなく、普通のことであって

言われてもピンと来なかったり気づきにくかったりします

だから、自分の長所って聞かれても、すぐにバンバン出てこなかったりしませんか?

謙遜して出てこないのではなく、ご本人は特別なことだと思っていないからです

なので家族でも恋人でもお友達でも、客観的に見て、こんなところが凄いよね!って「褒め」は大切だと常々思うわけですよ

こんな長所があるよ、と明確に気づくとその長所は意識されてますます伸びるし

行き過ぎて(例えば責任感が強すぎてなんでも背負ってしまうなど)心のバランスを崩すのを防げたりします

そんなわけで、相手のいいところがちらっと見えた際はお伝えすることって大切です

なぜか私は自分の中で「褒めちゃって攻撃~~~」と呼んでますが

効能は莫大です

ぜひお試しを~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております