公式LINEが便利になりました 詳しくはこちら

金運を上げるために自分でできること・その2

  • URLをコピーしました!

こんにちは
竹倉明七です

前回のお話の続き
金運をよくする方法【実践編・その2】をお伝えしようと思います

金運についての初回のお話は
・金運の星を持って生まれた人と元々持っていない人がいる
・金運を持っているからといって金運がいいとは限らない
・金運を持ってない人が逆に金運を急上昇させるチャンスもある
初回の記事
【金運の星を持って生まれていても金運が悪い人もいる】はこちら

ではどうやって自分で金運を上げればいいのか?

金運をよくするために自分で実践する方法は
・チャンスが巡ってくる時期を活かす
・できる限り金運の星が力を発揮できる方法を日常に取り入れる
この日常に取り入れるものとは、
ラッキーカラー、方角、周囲にいる人や付き合う人などです

実践その1
【チャンスが巡ってくる時期を活かす方法】はこちら

それでは今日は
実践その2
【日常生活で金運を強くする方法】です
金運を上げていこう!という視点でお話しますと
日常で気軽にできることは結構あるんです

大きく3つご紹介しますね
・ラッキーカラー、ラッキーアイテムを取り入れる
・金運の方角を知る
・一緒に過ごす人にあなたの金運を上げる人がいるかも

あなたの金運にはどんな色、アイテム、方角、人が効くのか?
それを割り出して、日常に取り入れるわけです

ここで少し説明が入ります・・・
東洋五行占いという言葉、聞いたことはありますか?
四柱推命や算命学、風水など東洋系の占いでは
木・火・土・金・水
このつのエネルギーが循環するという考えが根幹にあります

は燃え盛り、燃えて灰となってに還る
からが掘り出され、が冷えて滴を発する
とやるとが育ち、の燃料となる

というように、エネルギーが循環するのですが
人はこの五行のうちのどれかのエネルギーに属しているという考えです

あなたがどのエネルギーなのか
それによって金運に当たる色、アイテムがわかります

ここからはわかりやすいように例でご説明しますね

例えば土の人は金運は「水」です
水のエネルギーを強くするにはブルー系です
青、水色、紺色、無色透明もいいですね

ブルー系のアクセサリーを身に着けるとか
眼鏡のフレームをブルー系にするとか
カーテンとか、クッションなど
お部屋のインテリアにブルー系を取り入れるといいです

ラッキーアイテムは「水」
水槽を置くのもいいですね(ただし、お水は常にきれいに)
石なら水晶、アクアマリン、ラリマー、ラピスラズリなど

水にちなんだ場所に住むのもいいです
海、湖、川のそばとかね

方角で言うと「水」は北です
ご自宅から金運方向に毎日通うのは吉です
つまり職場や学校が北にあるといいですね

そして、一緒に住む人や毎日顔を合わせる人が
水の人だといいのです
同じ家に住むとすごーく濃い影響がありますので
一緒に住んでる家族がラッキーパーソンとなってくれるといいですね
家族、恋人、友人、同僚などで運気を上げてくれる人というのは
大事にしたいものです

ただですね、
一緒にいるだけで金運が自動的に上向きになったら最高!ですが
相性もありますので、一概には言えないところもあります

あなたにプラスになる相手であればとてもいいですが
いくらあなたに金運をもたらすエネルギーの人といっても
一緒にいるとマイナスになっちゃう場合もあり難しいところです

そもそも一緒にいることが凶とか
エネルギーをもらうどころか吸い取られちゃう関係とか
性格的に合わなくてNGとか
ラッキーパーソンだからといってイヤイヤそばにいる場合は
こんな関係のことも多いです

エネルギーをもたらす良い星の関係というのは
実生活でもいい人間関係を築いていることが多い
これはなんとなくおわかりいただけることと思います

さて、今回ご説明した通り、
あなたの金運はどのエネルギーを取り入れれば上がるのか
それを知って、日常に取り入れると
それだけでちょっとした変化があります

金運が上がる壺などを購入しなくても(!?)できる
ちょっとしたコツなので
もしよろしければ、それを知った上で取り入れてみてはいかがかと
そんな風に思いまして書いてみました

って、遠まわしに?よろしければ鑑定にいらしてくださいってことです、すみません

今回は金運にスポットを当てましたが
金運の星があるということは他にも星に意味があるということなんですよね
健康運とか仕事運とか恋愛運、結婚運とか
その人の運勢全体を上げてくれる、守護神の星というのもあります

次はそんな話を書こうかと思っています

↓モッピーっていうんだって

USJ限定らしい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる