公式LINEが便利になりました 詳しくはこちら

行動力の官星と頭脳の印星、両方あれば完璧です

  • URLをコピーしました!

こんにちは

たけくらめいなです

いつもご訪問いただいて、ありがとうございます♪

はじめましての方、よろしくお願いいたします♪

 

 

<下北沢での対面鑑定について>

 

予約カレンダーから日時を選択し、お申し込みくださいませ

24時間以内に日時の確認と必要事項をお伺いするメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

<オンライン鑑定について>

 

zoomでのオンライン鑑定を実施しております

オンラインショップからお申し込みいただいた後、

メールにて鑑定日のご希望を伺うメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(先日、お出かけした時に見つけたお花畑)

お花と蝶々の季節は癒されます♪

 

 

さて、今日の話題

 

 

頭で考え、行動する

両方兼ね備えているのが理想です

しかし現実は・・・

 

 

頭ではぐるぐると考えているのに、

なかなか行動できなくてチャンスを逃す人

 

 

よく考えず突っ走ってしまって

準備不足で失敗してしまう人

 

 

というように

どちらかの要素が強いという人が多数いらっしゃるのではないかと思います

 

 

四柱推命では

知識が豊富な頭脳派の星→印星(印綬・偏印)

行動力が備わっている星→官星(正官・偏官)

どちらが命式の中にあるか

また、その星が強いか弱いかが影響すると考えます

 

 

そんな印星と官星についてのお話です

 

 

【印星について】

 

 

印星は印綬と偏印のことを指し、頭脳派と言われます

なぜかというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印星は自分にとって母の星です

自分の後ろ盾になってくれて守ってくれる星

そしてエネルギーを注いでくれる星

ということは、自分を守り、育むことに長けている星なのです

 

 

自己防衛と自己育成に何が必要かというと知恵」なんですね

生き残るためにはがむしゃらに動いたり、感情だけに任せていては危険

いつでも冷静に知恵を駆使して選択することで生き延びていく

それで印星は知恵の星と言われています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印星といっても陰(偏印)と陽(印綬)があり

それぞれの特徴はかなり相違点が多いのですが

共通して冷静で分析力があることが挙げられます

印星が中心星の人は、ちょと冷めて見えたりしますが

これは感情に流されないということなんです

 

 

また、印星はエネルギーをもらう星ですから

命式の中の印星がいい状態だと(他の星から攻撃されてないと)

黙っていても、がむしゃらに行動しなくても

「どこからか欲しいものが入ってくる人」でもあります

 

 

しかも防衛本能が高いために余計な動きはしない

なので行動力は低めなのです

 

 

でもね、印星の人がいるから人間は生き延びてきたのかもしれませんよ

自分を守るために極力争いを起こさず

自分が有利になるように頭脳を駆使して命を繋いでいく星

人間には印星があるからこそ

過酷な環境の中でどうにか生き延びてきたのではないかとも思います

 

 

馬鹿正直だけでは生き延びられない

それが人間の社会ですから

 

 

 

 

【官星について】

 

 

行動力の星と呼ばれるのは

正官・偏官という官星です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

官星というのは自分を剋す星です

剋すという言葉を簡単に言い換えると、自分を攻撃する星

自分を律し、制する星なんです

 

 

自分を攻撃するわけですから、自分に厳しいのです

常に自分にプレッシャーをかけていることで

やらなくちゃ!しっかりしなきゃ!結果を出さなくちゃ!と

とにかく人の期待以上の自分でいるために存在しようとするところがあります

 

 

というわけで、正官さんは真面目で責任感が強いです

そのために動く動く・・・

何かに駆り立てられるように動くことから

官星は行動力の星と言われています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命式の中にある官星が強いと、行動力がありすぎる状態になり

考えるより先に動いてしまって空回りしたり

時には周りに迷惑をかける事態を引きおこすこともあります

 

 

とにかく真っすぐなんですよ

正面衝突する人が多いし、自分を酷使して消耗することもあります

なので命式の中で官星が強く出ている人には、

パンクしないように、ご自分を労わることを推奨してます

 

 

時代が時代なら武士の切腹さながらの責任感を持ってたりするので

何でもかんでも一人で抱え込んで責任を果たそうとせず

適当に~ゆる~く、ね!と言ってあげたいです

 

 

熱く、真っすぐで不器用

官星の眩しさと清々しさは人間の魅力でもあり

同時に、儚く危うい一途さを持ち合わせている星だと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知恵の星である印星と

行動力の星である官星が

対照的であるのがおわかりいただけたでしょうか?

 

 

どちらも長所、短所があり

対照的ですが、それぞれ人間力が高い星です

両方持っている人は最強だと思っています

 

 

けれど印星と官星の両方が命式中にいい状態で備わってる人は

そんなに多くはいません

 

 

逆に、片方だけしか持っていない人は結構いらっしゃる

その場合は、生きずらさを感じることがあるかもしれません

 

 

そんな偏りがある命式の人は

・大運(10年ごとに巡って来る星)

・年運(一年ごとに巡って来る星)

・家族や友人など近くにいる人

足りない星を補っていくといいです

 

 

例えば正星が強く、印星を全く持っていない人なら

印星が巡って来る時期を知り、意識してバランスをとることや

印綬さん、偏印さんがそばにいることが効果的です

 

 

そして何より、自分の命式の特徴を知っていれば

偏りを埋めるように自分の気持ちを持っていくことができます

これ、意識的にやってみるといいと思いますよ

 

 

私は官星がないから行動力がなくてダメなんだよね~で終わらせず

フットワークが重いのは命式に官星がないからだったんだなぁ

それじゃぁ思い切って行動するように心がけよう!と意識する

という気持ちになってもらえたら、命式を知る意味があるというものです

 

 

占いに行って結果を聞いたら、その一歩先へ

 

 

それが、占いに行く意味だと

お会いするあなたに伝えていきたいと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

それではまた次回♡

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる