自分軸と他人軸、あなたの生き方は?

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

四柱推命鑑定士の竹倉明七(たけくらめいな)です。

8月8日、午前8時に投稿してみましたよ~。

最近は自分軸・他人軸という言葉が浸透していますね。

誰しも人のことはある程度見える気になっているものでして、

あの人は他人軸だ、主体性がない、などと思いがちですが

自分のことはわからなくなったりするものです。

なぜなら、完全に100%自分軸で生きている人は少ないからです。

わたしってどっちどうなんだろう?と

自分で考えるとわからなくなってしまいますね。

他人軸で生きている人、つまり主体性のない人は

いつまでたっても人生がうまくいかないという人が多いです。

恋愛でも、お金回りでも、仕事でも、一時的にいい時はあります。

けれど、いい時は長くは続かず、またうまくいかない状態を繰り返します。

どうしてかというと

自分以外の環境に依存しすぎているからです。

その時その時で、外部からの影響を受けて

自分の心がコロコロと変わってしまうからです。

自分の周りがどういう状態であっても

自分がどうしたいのか

どうありたいのか

どう生きたいのか

があれば外部からの影響は最小限で済みます。

占いをしていると、

そこが問題だということに気づかず苦しんでいる人とお話しする機会が多いです。

気づかないからいつまでも苦しいのです。

まず、そこから。

望みがなにか、譲れない部分がなにか、

気づいてもらうために、お話しをしていても

それをご自分で口に出して認められるまで半年も一年もかかることもあります。

予約を入れてくださる度に、根気よくお話しを続けていくと

ある時から主体的に生きようとし始め、

その後の変わりようは、みなさん目覚ましいものがあります。

そこからは早いのです。

だんだん「ブレない自分」をお持ちになっていきます。

お話していて、私はお客様が変わったな、と思えた瞬間がとても好きです。

まぁね、

わたし自身が常に主体性を持って生きてるかというと、

立派なものではありません(^_^;)

ただ、ひとつ言えるのは、

依存してるかも

執着してるかも

わたしって生き方が他人軸かな

と思っている人は重症ではありません。

変わることができます。

気づかずに苦しんでいる人が重症なのです。

占いだけど、カウンセリングとよく言われるのは

わたしがこういうことばかり

日々考えているからかもしれません。

占いというツールで未来を見通すだけでなく

その先の生き方の相談をしていただける存在になるのが私の理想。

これが「私がどうありたいか」です。

うん、この部分は主体性のかたまりですね。

夕方の青と部屋の明かりがすごいコントラスト

早いもので開店から1ヵ月経過し、

8月はまだスケジュールに余裕があります。

リピーターさまはもちろん、ご新規さまも募集中です。

初めての方は、よーくよく当ブログを熟読していただいて(*’‘)

こういう文章書く占い師が好きだと思ったら是非

ピンときたら!を大切にしてください。

みなさまのご相談お待ちしております。

それでは本日も最後までお付き合いありがとうございました。

また次回です♡

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる