こんにちは
竹倉明七です

星の解説シリーズは全部で10種ありまして
本日9回目になりました
私の星の記事、楽しみにしてます!
と言っていただいたりして嬉しいです~

自分の主星の特徴を知っていただくことで
お役に立てることもあるかも、と思って書いてますが
周りの人を理解するきっかけにもいいんじゃないかと思っています

例えば会社の上司や部下とどう付き合っていこう?とか
子供との関係で悩みがあるなら、子供をどう理解しようか?とか
特徴を知って、それを踏まえたうえで上手に接する
それで人間関係が円滑になればいいなと思います

それでは今日の星の解説
ご紹介するのは「印綬」です
印綬というのは一言で言うと知性の星
冷静な頭脳の持ち主という特徴があります

物事、状況を客観的に見て分析できるクールさを持っていて
それにより、理屈っぽくなりがちな面もあります
つまり論理的思考が強いということですね
それにより、感情で動く人を理解できなかったりして敬遠しがちになるので
周囲からは理解されにくく、
時には冷たい印象を与えてしまったりすることもあります

昔クラスにいませんでしたか?
ワイワイ賑やかな中で冷静に分析してズバリ言える子とか
人の行動を分析して正論を言える子
そんな感じです

印綬さんはとにかく頭が良くて知識欲も旺盛なので
その資質を活かした環境に身を置くことが重要になってきます
向いている職業としては教師など人に教える仕事
これは教職に限らず、会社などの中でも、人を教育したりするのもいいですし
専門知識を使うことに特化している部署などもいいですね
要は知識を自分で得るだけでなく役立てることができれば満足できるのです

そんな印綬さんの特徴を読むとクールすぎると思うかもしれませんが
そんなこともないんですよ
一見、冷たく見えるところはありますが
根は温厚で実は世話焼きだったりする人も多く、家庭を大事にする人です
というのも四柱推命では印綬は「母」を表します
つまり母性があるやわらかい女性寄りの印象です

印綬さんのウィークポイントがあるとすれば
高い思考能力に対して、それを実行に移すための
行動力や決断力に欠けるところがあるということ
考えすぎて行動ができずに終わってしまう
批判はするものの、行動は伴わないなど
頭でっかちになってしまう傾向があるとなかなか成功できません

これは命式によって変わってしまいますが
「印綬」や今後解説する予定の「偏印」という印星さんは
「正官」「偏官」がないとこうなりがちなんです

印=思考力
官=行動力
どちらかだけに偏っている命式の人はなかなか大変で
印星だけの人は分析が得意でアイデアも浮かぶのに行動できないし
官星だけの人はよく考えずに行動に突っ走りがち
両方あることで良さが際立つということですね
これが私がいつも言ってる「四柱推命はバランス命」という考え方の基本です

そんなわけで印綬さんの解説でした
残りあと一つ、偏印さんの解説は近いうちに♪
ではまた~

<主星の探し方>

主星は全部で10種類ありまして、命式の中でこの部分↓

私の手書きでしたらこの部分に「印」とあれば印綬です↓

ご自身の命式を見てみてくださいね

※お客様の中で命式がわからない!という場合、もしくはまだ竹倉の鑑定は受けたことがないけれど知りたいなーと興味をもっていただいた場合は下記の方法ででお尋ねください
その際は命式をお調べするために、お名前、性別、生年月日が必要ですのでお願いいたします

☆HPのお問合せフォーム
☆Instagramのダイレクトメッセージ→【@meina.takekura】で検索のうえフォーローしていただければ直接やり取りが可能です
☆公式LINE@のトーク→【@524cqknk】にお友達追加していただければトークで直接やり取りが可能です

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております