こんにちは
竹倉明七です

今日は赤坂の日枝神社についてご紹介いたします

最近、気になって仕方がなく、どなたかのインスタで目についたり
読んでいた本に出てきたので呼んでいただいている気がしていた日枝神社
凄く久しぶりの参拝でした

こちらは都会のど真ん中でちょっと小高いところにありますが
境内の、門をくぐって拝殿までの空間が広いです
なんていうか、だだっ広い
無駄がなく、何もなく、おごそかで静寂

わいわい賑わっていたり、派手な見所が沢山あるような
楽しい雰囲気の神社仏閣もいいですが
日枝神社の神様がシンプルなのを好んでこうなっているとしか思えない感じで
この澄んだ空気のだだっ広い空間が好きです

御祭神は
大山咋神(おおやまくいのかみ)
国常立神(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神(いざなみのかみ)
足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)

ご利益は縁結び、恋愛成就、厄除けが有名ですが
商売繁盛や出世運のご利益もあると言われています

この中の国常立神(くにのとこたちのかみ)は私の母方の祖母の代から
氏子となっている神社にお祀りされている神様でなんです

あんまりメジャーではないかもしれません
世界を作ったとされる国土創生の神様なのですが
実体が謎に包まれていて、像として表現されないような
古事記でも謎に包まれた神様だからなのですが
私は心からお慕いしている神様です

あとは、噂によると摩利支天様もいらっしゃるとか・・・
こちらは仏閣ではなく神社なのに、そんな裏話もちょっと聞きまして
私、摩利支天様が好きなので嬉しいのです

そして日枝神社といえば狛犬ではなく、お猿さん
人々と神様の間を取り持つ「神猿(まさる)」と言われていて
日枝神社の授与所には猿のお守りや絵馬などが並びます

こちらの子猿を抱いた神猿は安産と良縁のご利益で大人気です

あとですね、日枝神社の末社は力のある神様がいらっしゃいますよ
山王稲荷神社・猿田彦神社・八坂神社

鳥居の階段が美しいです

(拝殿のあるところから、赤坂見附側に出たところにあるので
見逃さないように注意が必要です)

この日は3月2日
一日中冷たい雨が降り、しかもコロナウイルスの影響で人がいない
おそらく普段と違って神社も静まり返っている感じでした

そうなんです、他の神社仏閣もコロナウイルスの影響で
参拝客が激減していると感じます
この日もゆっくりと拝殿を独り占めして
あれこれ神様にお話することができました

この日はやっぱり、コロナウイルスが広がる事態が
早く収束するように祈らずにはいられませんでした

大昔からきっと人間は疫病が流行るたびに
どうか病の元が去りますようにと神様にお願いしたのだろうな
そんなお願いを時代を超えて受け止めてこられたのだろうなと
なんだか自分がタイムスリップしたような錯覚をしながら
お参りをさせていただきました

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております