こんにちは

竹倉明七です

 

 

今日もご訪問ありがとうございます

 

 

久々にパワースポットのご紹介♪

昨日、茨城県の筑波山神社に行ってきました

 

 

筑波山神社は山の中腹に立派な拝殿があり

山の頂上に本殿があるという神社で

筑波山そのものが御神体となっています

 

 

男体山と女体山が連なる形をしていて

今回は女体山の山頂にある本殿を目指して自力で登ってきました

 

 

こちらが筑波山の南西面中腹270mにある筑波山神社の拝殿です

大きな鈴が・・・ドラえもん

社殿の木の感じが好きだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

ご神木も立派です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史はこの門構えから伝わります

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、筑波山は三千年以上前から信仰されている霊山なんです

関東に人が住むようになった頃から守り神として

伊弉諾尊(イザナギノミコト)

伊弉冊尊(イザナミノミコト)

の二柱がお祀りされています

 

 

凄いです

歴史が古すぎて古墳時代

ご由緒がもはや不明なくらいですが

脈々と信仰され続けてきたのは

神様が人間を可愛がり守り続けてくださっていて

人間がそれを感じて崇めてきたからに他ないと思います

 

 

拝殿ではこれから本殿へ無事に登れるように、

そして道中で心の中でお話しすることを聞いてください

とお願いしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は10代から20代の半ばまで

茨城県に近い千葉県の土地に住んでいまして

一番大きな山といえば筑波山でした

 

 

登ったことは何度もありますが

いつもロープウェーやケーブルカーで楽をしていて

今回初めて登山道入り口から自力で登頂に挑戦したんです

 

 

霊山は登ることそのものがプチ修行になるので

それをこの度、実践しよう!と決心しましたが

もともと山歩きは年に一度程度の私

コロナウイルスの緊急事態宣言後にたるみ始めた

ダルっとボディーでは岩場ばかりの登山道はキツかったです~

 

 

入り口でこれ

ある意味、これが神かという効き目で助けられました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の方はまだ歩きやすかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

しっとりした雨上がりの森の中の雰囲気

すごく素敵でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん岩場だらけになり、過酷で写真は撮れず・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

途中にいくつも見所があるんですけど

これだけしか写真がない

天井の岩がスリル満点の「弁慶の七戻り」です

 

 

 

 

 

 

 

 

途中ゼーゼー言いながら着きました!

女体山の山頂は877m

600mの高さを登ったんですねー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに途中から雲の中に入り、山頂はもう真っ白

13:45にちょうど満月だったので最高!と思いましたが

景色が何も見えません(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断崖絶壁でかなり勇気がいる岩の上で

パワーをいただいてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが本殿です

お社は山頂なのに立派です

雲の中の本殿で神様との対話は幻想的でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道中でお話したことを応援してください、と

お願いしましたよー

 

 

お外で食べるとどうしてこんなにおいしいのかしら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはズルしてケーブルカーです

雨も降ってきたしね

この後はお楽しみ

つくば山温泉で疲れを癒して帰りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑波山の神様は

見守ってくれているという安心感をくれる神様です

景色は見えなかったけれど

今のタイミングで参拝できたのは、私にとって重要でした

心新たにまた今日から頑張る力をたっぷりもらえて

一晩たっても頭のてっぺんに何か出てる気がする・・・ような気分

 

 

登山ができなくてもロープウェイとケーブルカーで

山頂にお参りできる筑波山神社

おすすめですので是非♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております