こんにちは

竹倉明七です

今日もご訪問ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風の影響か東京はコロコロ変わるお天気です

最大級の台風ということで

沖縄や九州地方の方は不安を抱えていらっしゃると思います

備えや避難をされてどうかどうか無事でいてほしいと祈るばかりです

 

 

今日は相性について

家族でも星の相性って当然ありますので今日はそのお話をしてみようかと・・・

親子

夫婦

兄弟姉妹

祖父母と孫

義理の家族

 

 

占いでみるとたとえ血が繋がっていても相性は結構複雑だったりします

しかも、そこに嫁とか義母とかって

血がつながらない家族もいたりするわけで

ややこしいことになるのも致し方なし(^-^;

な状態のこともありますね

 

 

 

 

 

 

 

 

星の相性とは、誰と誰が結び付きが強いとか

逆に一緒に暮らしていると運気が伸びないとか

どちらかがパワーを与える側で、どちらかが受け取っている関係だとか

そういうことですが

相性をみる時、私の占いの基本は

 

 

人と人は同居していれば多大な影響を与え合うということ

 

 

恋人同士の同棲でも半年以上一緒に住んでいるなら夫婦として占います

籍が入っているかは関係ないんです

 

 

 

 

 

 

 

親子であっても相性は色々で

愛する我が子、育ててくれたお母さん、お父さんであっても相性は様々です

親離れ子離れがテーマのご相談や

高齢になった親との関係、過去の出来事からのしこりなどのご相談も多いです

 

 

子供のことを、とご相談される場合

親子の相性で星の結びつきが強ければ

進学なり、就職なり、結婚なりで

一度家を出た子供は何らかの形で戻ってきます

そういった場合は同居はしないまでも、近くに住んだりして

お互いが近くに感じられるような距離になるということですね

 

 

長男長女でなく、次男次女に跡取り星、墓守り星があるケースや

いつまでも親元にいることで運が開けないとか、

自分の人生を始められないといった命式もあります

精神的や経済的など、何らかの理由があってのことですが

この場合、お互いに運気が低迷したまま固まってしまっていたりします

 

 

これには何か打開策が必要だと思いますが、

大人になっても親子関係っていうのはちょっぴり面倒で愛おしいものだから

お話を聞きながら私も切なくなったりします

 

 

親との関係で占いにいらっしゃる場合

親とはどうやって関わっていったらいいかというご相談が圧倒的です

そして義理のご両親ではなく、実の両親のことで悩まれてるケースの方が多く感じます

元が他人ではないからこそ割り切れないものや諦められないものがあるんですね

 

 

恋人や夫婦と違って

親子は死ぬまで親子だし

交換も返品も不可

そして、与え合った愛情の記憶があるわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

切れることのない縁とどう向き合っていくのか

悩みながら変化していくのかもしれません

ですが占いには持って生まれた宿命の部分があり

相性は変わらないところがあります

 

 

生まれた時から決まっているものだから

これを知って、上手く活かしていただけたらな、と思います

 

 

あなたにとって子供と

あなたにとって親と

一番いい近さ、遠さ、占います

 

 

迷子になったら聞きにきてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた♡

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております