こんにちは

たけくらめいなです

いつもご訪問いただいて、ありがとうございます♪

はじめましての方、よろしくお願いいたします♪

 

 

<下北沢での対面鑑定について>

 

予約カレンダーから日時を選択し、お申し込みくださいませ

24時間以内に日時の確認と必要事項をお伺いするメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

<オンライン鑑定について>

 

zoomでのオンライン鑑定を実施しております

オンラインショップからお申し込みいただいた後、

メールにて鑑定日のご希望を伺うメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

コロナ感染者が激増してますので

対面鑑定はしばらくお休みして、しばらくzoom鑑定のみにいたします

 

 

感染者が減ってきたら速やかに再開する予定です

zoomでもいいという方、遠方の方はご予約お待ちしております!

対面の再開は、またブログにてお知らせいたします

 

どうしても対面がいいな~という方は

LINEかメールでお知らせくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の中学生は明日からリモート授業です

お弁当作らなくてよい&早起きしなくてよい

なので結構嬉しかったりします(*^^*)

これも期間限定だと思っているからこそ嬉しいのだけどね(^_^;)

 

 

 

ー-------------------

 

 

 

生年月日から導き出す命式は、持って生まれた地図のようなものだと

そんな例えをしていますが

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は別の言い方にしようかな、と思います

 

 

命式に表れている資質や才能など、

持って生まれた宿命はあなたの「土台」という表現ができます

 

 

自分の土台がどうなっているか、を知って活かすのが

四柱推命や算命学という運命学です

 

 

土台がどうなっているのか知らないで、

または無視したり、未消化のままでいれば

その上に立つあなたはぐらぐらしてしまう

 

 

建物でいうと基礎の部分がしっかりしていないと

その上に築く建物もグラグラしてしまうし

 

 

 

 

 

 

 

 

歯茎が弱っていたら、歯がグラグラしてしまうのと同じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの健康運の土台

あなたの恋愛、結婚運の土台

あなたの仕事運の土台

あなたの子供運の土台

 

 

テーマごとにそれぞれの資質があり

結びついたり変化したりしながらあなた自身の運勢を作っています

 

 

 

うまく物事が進まないとか

いつも同じことでつまずくとか

自分の居場所はここじゃないと思うとか

そういうグラグラした自分を感じてる人は

土台を見直してみるのもいいかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命学では自分の土台がどうなっているのか知って

ズレや歪みを修正していくと安定するという考えに基づいてお話しています

知ることと実践することは別で

なかなか簡単に変えていけないかもしれないけれど

まずは素直な気持ちで聞いてもらえるような占い師でいたい

知ることが一歩だから

 

 

運命学って気休めではないし、魔法でもお告げでもなくて

土台を知ってからその上に立てば真っすぐに立てる

そういう知恵のようなものなんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味があればお待ちしておりますよ~

・・・って、オミクロン禍により、zoom鑑定のみの対応ですが

どんなに遠いところにお住まいの方もお待ちしてます(前向き)

 

 

 

こちらは先週のお参り

 

明治神宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだお正月仕様でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北澤八幡神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内社の産土神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雄山最乗寺

 

 

 

 

 

 

 

 

天狗の山でした~(また詳しく記事にします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミクロンが収まるまでしばらくお参りお預けかな~

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

それではまた次回です

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております