こんにちは

たけくらめいなです

今日もご訪問ありがとうございます

 

 

カレンダーでは7月に入りましたが

四柱推命の世界に用いる太陰暦では

2020年7月は、7月7日から8月6日までなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

7月は十二支でいうと未(ひつじ)です

私の命式は未と相性が良いわけでも悪いわけでもないのですが

「未」の時に物事が動いたり、

「未」の人との関りで学びがあったり

なにかと未がキーワードの人生を送っています

 

 

気づいたのは、かなり昔

今は亡き師匠と出会ってからです

自分の人生に起きた良いこと、悪いことが

いつ起きたのか書き出してみたら

運勢のクセを知ることができるんだよ、と教えてもらい

やってみたら

不思議と「未」が出てくると気づきました

 

 

私にとって占い上は

良くも悪くもなく、ノーマークだった未が

どういうわけか作用するのだと理解したのはここからで、

いわゆる天中殺や相性の良い悪いだけでない

何かが存在する

占いだけでない何か、です

 

 

これを運勢のクセといい

生年月日で読み解く占いにプラスして大事な要素

自分の運勢のクセを知っておくことで

備えができるし、ワクワクも広がるんです

 

 

 

 

 

 

お客様も長く通ってくださる方は

いつ、何が、どのタイミングで起きたか

検証していくと運勢のクセってわかってきます

 

 

そういうところまで鑑定できる

自分のお気に入りの占い師がいるって

同じ時間とお金をかけるのでも

内容の濃さが違うと思うので

とても有意義だと思っていて、

だから、占いジプシーはもったいないと

常々思っています

 

 

私のリピーターさんになってねという意味ではなく

・・・まぁそういう願望はあるけど(笑)

 

 

ただ、真面目な話、

相性がいいと感じる占い師を

自分の感覚で絞って通ってみるって大事です

 

 

 

 

 

 

今までのあなたのことを知っている占い師に

前回からの続きで今の状況を説明して

これまでの出来事とこれからの運勢と

あなたの周りを取り巻く人を

まるっと全部検証しつくして

一緒に考えていける

そして最終的にどうしていくかは自分で決める

 

それが最高にコスパ良い占いの利用の仕方だと

占い業界を見ていて思うわけです

 

 

つまりですね、2回目に行った時に

前回のあなたの相談を何一つ覚えていない占い師は

やめとき!ってこと

 

 

5年ぶりとかだと、そういうこともあるかもしれませんが

私は一度でも向き合ったお客様の命式は

病院のカルテのごとく管理してます

 

 

あ、やっぱり私のとこに来てねって話になっちゃった(^-^;

 

 

占い師によってスタイルが違って

その場でサクッと!

いろんな占い師に会いたい!

っていうのがお好みの方もいるので

私のようなじっくり向き合うスタイルが

必ずしもいいわけではないですが

 

 

ご自分のこれからと辿ってきた道を

真剣に見つめたいと思ったら

いつでもお声がけください

 

 

13年分のお客様の命式が私の財産であり誇りです

感謝をこめて♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた♡

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております