占い師の人気について今更ながら気付いたこと

  • URLをコピーしました!

こんにちは

たけくらめいなです

いつもご訪問いただいて、ありがとうございます♪

はじめましての方、よろしくお願いいたします♪

 

 

<下北沢での対面鑑定について>

 

予約カレンダーから日時を選択し、お申し込みくださいませ

24時間以内に日時の確認と必要事項をお伺いするメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

<オンライン鑑定について>

 

zoomでのオンライン鑑定を実施しております

オンラインショップからお申し込みいただいた後、

メールにて鑑定日のご希望を伺うメールをお送りいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

GWのことです

わたしの師匠である、故早坂周鴻先生のお客様だった方がお見えになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の悩みに早坂先生なら何ておっしゃるだろう?とネット検索をして

私のところにたどり着いてくれたそう

 

 

今でも早坂先生の面影を求め、

ネットから探し出して来てくださるご新規様は年に数名いらっしゃいます

その方はなんと、20年間も先生のところに通っていたそうで

お話を聞けば聞くほど、先生が大事にしていたお客様だと感じました

 

 

亡くなられてもうすぐ6

伝授していただいた教えは一生モノとして大切に継承しているつもりですが

師匠の作り出す世界

物腰や語り口、そしてお客様に響く伝え方

そういった記憶がいつのまにか遠のきつつあったのは事実

それが今回、思いがけずご縁をいただいたお客様と思い出話をしていて

リアルに蘇ってきました

 

 

お客様も同じように記憶が蘇ったようで・・・

 

 

そうそう、あの感じ

懐かしいなぁ

お話している時の早坂先生の世界が好きでした

 

 

↓昨年、別のお客様が持ってきてくれた早坂先生の記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様と占い師

二人で作り出すその場の「気」は

そこにしかない独特の空気感です

 

 

もちろん神がかった頭脳と腕と先を見通す目をお持ちだったから

大勢のお客様や弟子に慕われていたのだけど

早坂先生の世界が唯一無二だったことも理由で

それがとてつもない魅力だったんじゃないか~

 

 

 

 

 

いままで、人様に占いをするということは

学び培った知識と何をどう伝えるか自分の信念を持つ

両方兼ね備えていることが条件だと思ってきました

それで、わたしなりに積み重ねながら15年も経ったのだけど・・・

 

 

わたしの世界があるかどうか

そしてその世界が魅力的かどうかって

すごく大事なことじゃないか~

 

 

 

今更ながらもう一つ大事なことがあったと再確認しました

わたしは「めいなの世界」を作れているかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再確認したはいいけれど

魅力というか、味というのは画策して作れるものではないので

(真剣に占いをしている時に演出などはできるはずがない)

わたしはこのままなのですが(^_^;)

 

 

クセになる味を持つ占い師になっていきたいものだな、と

そんなことを考えた日でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

もしも早坂先生が上から見ていてくれて

お客様と引き合わせてくれたのだとしたら

弟子として認めてもらえたような気がする~と都合よく解釈してます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

それではまた次回♡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる