命式と現実のズレについて①

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

四柱推命鑑定士の竹倉明七(たけくらめいな)です。

3日間のお休みをいただきました。

休暇中にいただいたご予約やお問い合わせのご返信は8月31日中に完了しております。

私は几帳面な方だと思うのですが

万が一滞っていましたらお𠮟りと共に(^_^;)ご連絡いただけましたら幸いです。

さて、8月の終わりに取ると決めていた夏休み。

日本一の美しい星空が見られる

と言われるところに行ってきました。

たしかにこれは東京では見られない。

スマホではうまく撮影できず、伝わらないかな

ここは星を見ることが

アトラクション化していまして

標高1400メートルへゴンドラで上がり

カウントダウンで一斉に灯りが消えるのです

星の説明やらミュージックなど演出もあって

充実したナイトツアーが開催されています。

私の場合、天体観測が目的ではなかったのと

作られたきらびやかなナイトツアーよりも自然の癒しを求めていたからか

結局、山から降りてきて

泊まった旅館の駐車場で見た星空が一番感動だったという(^_^;)

(旅館の計らいで照明を消してくれているのでよく見えるのです)

真っ暗で虫の声しかしないただの広場が

時間とお金と労力をかけたツアーより、私には最高!でした。

本当に美しかったです~。

改めて感じたのは、

同じものを見るにしても環境によって感じ方は違うものになるということ。

自分の求める環境で星空を見るかどうかで感激度のレベルが違いました。

これって私が鑑定でお伝えしていることに通じます。

親元を離れて自立した方がいい命式の人が

いつまでも実家暮らしをしている、とか

芸術や技能を仕事にするのが向いてる命式の人が

企業で営業職に就いてる、とか

社会でバリバリ活躍することに向いてる命式の人が

専業主婦をしている、とか

このように実際に身を置く環境と、持って生まれた命式にズレがあるのは

本来持って生まれた資質や才能を使っていない状態です。

ズレているからといって必ずしも不幸というわけではありません。

しかし

もしも生まれながらにして備わっている能力を発揮した時に

辿り着けるはずの喜びとか感動があるとしたら

その環境がないために味わえないのはもったいない。

本来、

好きなことをする

楽しいと思うことを選ぶ

それができていたら、おそらくズレがない生き方をしています。

しかしながら、大人の社会は好きなことをして生活できるとは限らず

しかも方向転換は大きな決断と力がいるものだし

身を置く環境をガラッと変えられる人は

わたしを含め、少ないのが現実ですね。

だから極端に生き方を変えることを勧めたりはしません。

鑑定の中では

命式に表れている資質や才能と現在の自分にどれだけズレがあるか?

を認識してもらえるようにお話しています。

持って生まれた命式は一生のものです。

今すぐではないかもしれないけれど

長い目で生き方を考えていくには知っておいて損はない。

そう思います。

次回は「命式と現実のズレが何を引き起こすか?」

ということを書こうと思っています。

ではでは9月も読みにきてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回です♡

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる