こんにちは

竹倉明七です

ペットショップの前を通りがかったら、一心不乱におもちゃで遊ぶチワワの子犬がいまして

手のひらサイズであまりの可愛さに、家に帰ってからも何度も思い出してます

あれですね、脳からドーパミンか何かがブシャーーっと出た感じ

子供の頃に犬に噛まれて大ケガしてからから犬は怖い存在ですが

それでも幸せホルモンが駄々洩れです

子犬、子猫、人間の赤ちゃん

生まれたての小さい生き物はかわいいですね

昔何かで読みましたが

食べ物を調達することも、身を守ることも、まだ何も自力ではできない赤ちゃんの時に

そんな自分を見た周りの大人が思わず世話をしたくなる容姿をしていることは

生き延びる術なんですって

確かに、赤ちゃんが最初から八頭身で生まれてきたら

こんなにちやほやしないかもねぇ

人間の場合は特に生まれてから何年も自力で生きることはできないので

親は、そして周りの大人は

赤ちゃんがすくすくと成長するように

そして小さな命に万が一の危険がないか24時間神経をすり減らして

自分の時間も労力も、それこそ全てを捧げます

どうしてそれでも子育てが頑張れるかというと

ご褒美の幸せホルモンがひとつの理由かもしれません

なんでそんな話か、というと

占いをしていますと、親子関係で悩みがあってご相談にいらしてくださる方が本当に多いんですよ

そんな、親とどう接していいか悩みを抱えていらっしゃるあなたにも

幸せホルモンをじゃーじゃー出させちゃうような愛くるしい時期があって

子供とどう向き合っていいのかわからなくなってしまったあなたにも

わが子を目の中に入れても痛くない程の高揚感を感じながら子育てをしていた時間はきっとあって

別れておしまい、絶交しておしまい、の他人ではなく続いていくものだから

切っても切れないその関係をなんとかしたい、というのはもちろん第一の理由であると思うのですが

過去にそんな幸せホルモンを出しまくってた相思相愛の時期があるからこそ

相手を理解したい、解決したい、と真剣に考えた末に占いに来てくださっているのではないかな

と、思ったというわけです

私の占いでは、親子関係がどんなバランスで成り立っているのか

星の相性、それぞれのエネルギーの大きさ、それぞれの現在の運勢の状態を見ながら

これまでの経緯を丁寧にお聞きして、未来のお話をしていきます

占いは、受けた後に行動してこそ意味がある

そういつも書いています

親子関係の悩みについては

占いを受けた後の心境の変化に意味のある

そう思います

心境の変化は自然に行動に繋がるから

心の持ち方を変えるきっかけになれば幸いです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております