こんにちは

竹倉明七です

みなさま、動物占いって知ってますか?

メジャーなイメージだけど

世代によるのかな?

動物占いって、四柱推命に基づいてるんですよ~

だいぶ前にそんな話を

当ブログに書いたことがあります

過去記事「動物占いは四柱推命に基づいているという話」はこちら

最近、ブログを読んでくださる方が増えてきて

このHPの訪問者さんが

何のキーワードで検索してきてくれたかを

プロの人に分析してもらったところ

「四柱推命・動物占い」この2つ同時並べて

グーグル先生に聞いてる人の多くが

このブログに辿り着いてくれてる

ということがわかりまして

え?

そーだったの?

そうやって訪問してくれた人は

動物占いで占ってほしいと期待してクリックしてくれたよね?

と、お察ししますが

記事では動物占いの中身に触れてないので

お役に立てていなかったですね

とにかく、関心が高いということがわかったので

動物占いを、12種の動物別に

四柱推命鑑定士ならではのお話も交えて

解説してみようかなと

四柱推命は生年月日によって命式というものを作成します

わかりやすく言うと

その人が生まれてくる時に持ってきた地図のようなものです

漢字で書かれた暗号のような地図(命式)を

読み説いていくのが四柱推命です

命式には「十二運」というものが含まれていて

十二運で分析するのは運というより「性格」です

これをかわいく親しみやすく動物に置き換えたのが「動物占い」

十二運は複雑な四柱推命の命式の中の

ほんのわずかな部分ではあるけれど

運勢などの未来のことよりも

性格分析に近いので、当たりやすくてウケがいいのです

動物占いは、言ってみれば

血液型あるあるのようなもので

A型ってこういうとこあるよねー!って盛り上がるような感じです

では十二運を動物占いで何の動物に当てはまるか見てみましょう

十二運は人の一生をなぞらえています

サル  →長生(この世に生まれる)

チーター→沐浴(産湯に浸かる)

黒ひょう→冠帯(少年が大人になる)

ライオン→健禄(壮年期)

トラ  →帝旺(生命力最大期)

たぬき →衰(年老いてくる)

コアラ →病(生命力低下)

ゾウ  →死(肉体の死)

ひつじ →墓(墓に入る)

ペガサス→絶(肉体から離れ魂のみになる)

オオカミ→胎(母に宿る)

こじか →養(胎児が育つ)

四柱推命の命式では死だの墓だのと

怖そうな文字で表す十二運なので

中には、ご自分の命式に死を見つけて

!?(゚Д゚;)

って心配になって聞いてこられる方もいます

けれど大丈夫

それぞれの特徴があるだけで、怖い意味ではありません

あと、正確に言うと

十二運は四柱推命で占う場合4つ、ついてるんですよ

生まれた年、月、日、時間の4つの柱に十二運があるのです

その中の、一番大きく出やすい「日」の柱についてる十二運を

動物占いでは採用しているという事なんです

ちなみに私の場合は「たぬき」

かわいいでしょ?

でも他の柱に「オオカミ」「チーター」「トラ」

がいるのです

強そうでしょ(笑)

四柱推命寄りの見解で占った動物占い、

詳しく知るとおもしろいかもしれません

次回からは動物ごとに解説をしますので

よろしかったらご訪問ください

思いがけずいただいたバラ

ありがとうございます♪

久しぶりに家に飾るお花に

めいなさんもうっとりです

それではまた次回です♡

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

現在、対面鑑定・オンライン鑑定共に実施しております

ご予約お待ちしております